サンゴ買取

News & Topics

五輪開催に伴う宅配査定の遅れについて
一覧を見る

サンゴの査定ポイント

  • Point1

  • Point2

    照り

  • Point3

    キズ

サンゴは、ダイヤモンドの4Cといった明確な判断基準がありません。その為、買取価格がお店によって大きく違う事があります。
当社では、色(赤黒い血赤サンゴと呼ばれるものが最高級)、照り、キズの3つのポイントを査定し、お値段をお出し致しますので高価買取をする事が出来ます。

血赤サンゴ(ラウンド・丸)の買取価格表

S・Aランク B/Cランク Dランク
8mm ~ 10mm ~10,000円 ~3,000円 ~300円
11mm ~ 12mm ~50,000円 ~5,000円 ~500円
13mm ~ 15mm ~150,000円 ~30,000円 ~8,000円
16mm ~ 19mm ~250,000円 ~100,000円 ~10,000円
20mm ~600,000円 ~130,000円 ~50,000円

最終更新日 2020年2月

  • ラウンドだけでなく、ネックレス・オーバルカットもお値段がつきます。
  • 桃色、置物サンゴもお値段がつきます。
  • お値段がつかないサンゴもございます。
  • 価格表はあくまでも目安です、ご了承下さい。

ホウショウダイヤモンドが宝石を高く買い取れる理由!!

  • Point1

    プロの社員

    ダイヤモンドであれば4Cがあり、その評価基準を基に評価し、国際基準の相場を基に取引されているマーケットの価格を当てはめていけば、比較的簡単に安定して査定価格を算出することができます。
    しかし、宝石(色石)は明確な評価基準がないため、査定する者の経験や感性に左右されやすく、査定価格にもばらつきがあります。
    そのため、宝石の評価は特に経験と知識が必要ですが、弊社で査定している社員は数多くの石を見ており、買取だけではなく、販売している品物も数多く見ています。また、社内でそれぞれの宝石に対して、基準となる相場を決めており、誰が査定したとしても適正な価格をご提示できるよう努めています。

  • Point2

    豊富な販路

    海外展示会、オンラインショップ、自社1階の業者様向け店舗と豊富な販路を持っていることにより、商品回転率が高いため、幅広い買取が可能となっています。
    販売場所が単に3カ所あるから商品が回転するのではなく、それぞれの場所で違ったニーズがあるため、買取の幅も広がり、好循環を実現しています。
    また、宝石がついているジュエリー全てがそのまま売れるわけではなく、中には溶かして地金と石に分けてしまうものも多々あります。そのまま売れない理由としてはデザインが現在の需要に合わなかったり、石自体が美しくないなど様々ですが、そうしたもの宝石に金額をつけることは正直採算が取れにくく、難しいものです。
    そうしたものでも金額をつけて買取できるよう、ルースだけでも売れるような工夫や、新しい製品に作り直すなど販売方法を日々改善しています。

サンゴ買取実績

  • Pt900 リング

    サンゴ 13.8㎜
    ダイヤモンド 1.38ct

    買取価格:
    150,000円
    買取方法:
    出張買取
  • Pt900 リング

    血色サンゴ φ15.1mm
    ダイヤモンド 0.87ct

    買取価格:
    300,000円
    買取方法:
    店頭買取
  • Pt850 リング

    サンゴ
    ダイヤモンド 0.25ct

    買取価格:
    200,000円
    買取方法:
    宅配買取
  • Pt900 リング

    サンゴ φ16.5mm
    ダイヤモンド 1.23ct

    買取価格:
    290,000円
    買取方法:
    店頭買取

まずは無料で査定してみる

赤サンゴ(Coral)の基礎知識

語 源

いろいろな説があり、例えば、ギリシャの単語 「Koraillon」(根っこ、という言葉・硬いスケルトンを意味する) や人魚を意味する「Kura-halos」からきている。

鉱物名
鉱物ではない、有機質起源の宝石
和名
赤サンゴ
誕生石
3月
宝石言葉
災いからあなたを守る
硬度
3.5
赤・黒・ピンク・白など
産地
日本近海・地中海

赤サンゴについてについて

サンゴは、真珠とともに「海の2大宝石」といわれ、古い時代から親しまれてきた。宝石サンゴはサンゴの虫(むし)、サンゴ虫(さんごちゅう)と呼ばれる動物である。海岸などで見られるサンゴ礁とは種類が異なり、海底100m以上の深海から採取したもの。1742年に、サンゴは動物であることが確認されて以来研究が進められ、サンゴ虫は「刺胞動物:花虫類」に分類され「ポリプ」と言う種群であることが解明された。このサンゴ虫は、口の周囲にある触手の数によって、サンゴ礁と宝石サンゴに分類される。

サンゴ礁は、六放(ろっぽう)サンゴといわれ、口の周囲にある触手の数が6本。浅海に生息していて、その成長も早いとされている。よく海岸で見かける「イソギンチャク」もサンゴ礁の種類に入る。

宝石サンゴは、八放(はっぽう)サンゴといわれ、口の周囲にある触手の数が8本。 深海に生息していて、その成長も遅く、人の目に触れる事はない。わずか1cm成長するのに、約50年近くかかる種類もある。

宝石サンゴの種類

赤(紅)サンゴ
一般では血赤と呼ばれる赤サンゴの原木は、高知県沖(室戸)の海底、約300mに多く生息し、その色合と品質の良さから海外へ大量に輸出された種類。その為、現在では採取量も少なく希少価値という面で人気も高く、中でも色の赤黒いものは「血赤サンゴ」と呼ばれ、最高級品として取り扱われている。

地中海サンゴ
「サルジ」または「胡渡り」と呼ばれ、イタリアはサルジニア島近海の海底約30mの浅海に多く生息している種類。水深が浅い為成長も早く、あまり大きくならない。(大きな物でも高さ30cm程度)その為、素潜りで採取する漁師もいる。このサンゴは赤サンゴに似て美しい為、人気も高く、中でも色の赤黒いものは高級品として取り扱われています。

桃色サンゴ
日本近海の広い範囲に生息している種類で、海底300m~500mで採取される。その中でも高知県沖(宿毛)で採取 されるものが色、品質共に良いとされ、彫刻細工によく用いられる素材。色は、ほのかなピンク色からオレンジ、桃赤と呼ばれる赤サンゴに近い色調を持つものまで幅広く、「お月さんももいろ」と言う童話も出来た程、昔から人々に愛され続けている種類である。

サンゴの取扱い

同一般に流通する宝石サンゴは、ワシントン条約で規制されていない深海に生息するサンゴである。サンゴ礁は規制の対象となる為、採取したり傷つけたりする事はできない。

業者様専用 地金相場情報が平日毎朝届く 会員登録はこちら
ページトップへ