偽物情報について

メッキ刻印

偽物について

最近タングステンでできた厚メッキの印台リングや、プレートのみプラチナ刻印やK18刻印の偽物ネックレスが出回っています。(ルーペで見るとメッキが一部剝げていたりします。) 持った時に軽かったり、磁石に反応する品物には注意してください。 また、アトKと呼ばれる純度の数字の後にKがつく(例:18K)お品物は、金の純度が低く出ることが多くありますのでご注意ください。 当社ではX線検査、試金石でお調べしております。 判断がつかないお品物も是非一度お持ちください。

金メッキ刻印

メッキの品物の中にはメッキの刻印が入っている物もあります。

○○GF 例:K24GF
○○GP 例:K18GP
○○EP 例:K20EP
○○GR 例:K14GR
○○GEP 例:K22GEP
○○RGP 例:K18RGP
○○1M 例:K18 1M
○○2M 例:K24 2M
○○3M 例:K20 3M

金メッキ刻印事例

  • K24GF
  • K24GF
  • K24GF
  • K24GF

プラチナメッキ刻印

○○PP 例PT900PP
○○SP 例PT850
SPT ※前にPT○○つかず
アルファベットのみ
SPM ※前にPT○○つかず
アルファベットのみ
○○PF 例PT900
○○PTP 例PT850PTP

プラチナメッキ刻印事例

  • PT900PP
  • PT900PP
  • PT900PP
  • PT900PP

ダイヤモンド

偽物について

合成ダイヤモンドが流通しています。 弊社では合成ダイヤモンドはお買取りが出来ません。 成分は天然も合成も全く同じで、見た目では合成か天然かの区別はつきません。 ガードルにラボグロウン(LAB GROWN)の刻印があるものもありますが、刻印が無いものも沢山あります。特に大きいダイヤで内包物が見当たらないダイヤは注意が必要です。 弊社では、GIAの合成ダイヤ判別機やⅠ型Ⅱ型判定器(Ⅱ型と出れば合成ダイヤモンドである確率が非常に高くなります)を使って検査をすることができるため、自信をもって目一杯のお値段をお出しできます。

合成ダイヤモンド事例

  • 合成ダイヤ
  • 合成ダイヤ
  • 合成ダイヤ
  • 合成ダイヤ
2024 / 7
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2024 / 8
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページトップへ