宝石の基礎知識

カテゴリー:

宝石の種類

フローライト

フローライトの語源は、ラテン語で流れると言う意味で、和名の蛍石と言う名前はフローライトの破片を火に当てると、パチパチと音を立て蛍のように光ることが由来と言われています。

カラーバリエーションが豊富なことで知られていますが、濃いサファイア・ブルーのものは産出量が極めて少ないため希少です。
また、中には色彩のグラデーションがみられるものもあり、その美しさから人気が高いです。

フローライトの中には紫外線に当てると発光するものもあります。この蛍光現象はフローライトで初めて確認されたので、フローレッセンスと呼ばれています。
また、水に溶ける特性を持っており、モース硬度も4と低いです。そのため、鉱物ではなく宝石として見ても非常に綺麗なフローライトですが、ジュエリーには向かず、カットして加工されることはあまりありません。
アクセサリーとして身に着ける際は、注意が必要です。

メルマガ募集中 業者様専用地金相場情報が平日毎朝届く
2024 / 5
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
2024 / 6
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ページトップへ