ダイヤモンド買取

メレダイヤ価格表

  • ラウンドホワイトメレ 6,000円 ~ 20,000円
    ラウンドホワイト0.1ctup 10,000円 ~ 30,000円
    ラウンドブラウン 2,000円 ~ 6,000円
    ラウンドイエロー 5,000円 ~ 10,000円
    変形ホワイト 8,000円 ~ 20,000円
  • カラートリート 2,000円 ~ 10,000円
    シングルカット 1,000円
    ナッツ(カーボン多数) 1,000円 ~ 5,000円
    ブラック 300円 ~ 1,000円
    ピンク(ナチュラル)メレ 10,000円 ~ 100,000円

ダイヤモンドの買取なら『ホウショウダイヤモンド』へ!!

ダイヤ買取価格も創業41年の輸入卸業務の経験と販売力を活かし、どこよりも高く買取をする自信があります。
大きなダイヤのリングやペンダントを持っているけど、もう身に付けないし、ずっと眠ったままのダイヤモンド。
ブルーダイヤ・ピンクダイヤ高価買取いたします。鑑定書は失くしてしまったけれど、売ると、いくらくらいになるのかしら?お悩みの皆様。
まずは、当社にお電話下さい。ダイヤモンドを査定する際、ダイヤモンドの4Cとよばれる基準に基づいて経験豊富な鑑定士が査定します。リングやペンダントのデザインによっては、ダイヤモンドのグレードを判断しにくい枠があります。
その場合、お客様のご了承を得た上で枠からダイヤモンドを外し、正確にグレーディングをし誠実に目一杯の査定をお出し致します。
リングやペンダント、ネックレス、ブレスレット、ピアス。デザインが古くて、もう使わずに眠ってしまっているダイヤモンドを査定してみてはいかがでしょうか?

ダイヤモンド買取に関して

イスラエル・ベルギー・インドでの長年の輸入実績があり、多数の宝石業者様とお取引があります。
現在のダイヤモンドの国内・国外で流通している取引価格に精通しております。
又、当社は、ダイヤモンドの特性(大きいダイヤ・変形ダイヤ・ピンク・イエロー等のカラーダイヤ)に応じて最も高く販売できるルートを持っています。
(40年に亘りダイヤモンドの輸入卸業務を行っている為です)
その為どこよりも高い価格でダイヤモンドを買う事が可能です。
ダイヤモンドを毎日取り扱っている専門スタッフが常時おりますので、正確にダイヤを査定致します。
現在、当社は全国の宝石業者様・リサイクル業者様、その他宝石関連の法人様など多数の皆様から定期的にお取引頂いております。
極小のメレダイヤから10ct以上の大きなダイヤ迄、全てのサイズを数多く取り扱っております。
メレダイヤも承っております。目一杯の価格を呈示いたします。是非一度ご利用ください。

合成ダイヤモンド判別装置

宝石発光分析装置(GLIS-3000)を完備

合成ダイヤモンド判別装置

HPHT法合成ダイヤモンドを判別する宝石発光分析装置を査定正確性向上の為に完備しました。

ダイヤモンドX線鑑別装置

ダイヤモンドの査定スピードと正確性向上の為、ダイヤモンドX線鑑別装置を完備

当社では1psから多量のダイヤモンド迄、ダイヤモンドX線鑑別装置にて識別をしており、更に0.20ct upのダイヤは1psづつ当社のベテラン鑑別士がカラー・クラリティー・カット・蛍光性を正確に査定いたします。

最新ダイヤ買取実績

  • ダイヤモンド 0.84ct D-VS1-VG
    買取価格 260,000円
    ダイヤモンド 0.55ct F-VS1-G
    買取価格 95,000円
    ダイヤモンド 1.40ct G-VS2-VG
    買取価格 520,000円
    ダイヤモンド 0.35ct H-VVS2-G
    買取価格 34,000円
    ダイヤモンド 0.62ct I-VS1-EX
    買取価格 100,000円
  • その他の買取事例はこちらから

ダイヤモンドの基礎知識

〈語 源〉

ギリシャ語で「征服されない」を意味し、「アマダス」を語源としている。万物の中でも最も硬い物質であることを指しており、ダイヤモンドを磨くには、ダイヤモンドしかない。硬度は10と、貴石の中で最高峰の硬さである。

鉱物名 炭素 和名 金緑石
誕生石 4月 宝石言葉 永遠の絆・不屈
硬度 10 無色から黄色味色貴重な物として
ブルー・ピンクもある
産地 ロシア・ボツワナ・コンゴ共和国・オーストラリア・南アフリカ共和国

★ダイヤモンドについて

おそらく宝石の中でも最も知名度が高く、最も硬い宝石として一般的に知られている。
有史以前の紀元前800年の時代には、すでにインドで護符として尊ばれる石となっていたが、中世時代の15世紀には、ヨーロッパの女王たちがこぞってダイヤモンドで飾り立てるようになった。さらに17世紀になるとブリリアンカットが発明され、価値を高めていくことになる。ダイヤモンドは無色透明と思われがちだが、イエローやブラウン等、かすかな色合いを帯びていて、その色が鑑定のキーポイントとなる。

★ダイヤモンドの4C

Carat(カラット) Color(カラー) Clarity(クラリティ) Cut(カット)
上記4つの頭文字をとって4Cという。
4Cとは、ラウンド・ブリリアント・カットのダイヤモンドの品質を評価し、価格を決める大事な基準。鑑定書には、これらの詳細が記載さている。

★希少価値が高い天然のファンシーカラー(ブルーダイヤ・ピンクダイヤ)

かすかな色合いとは違い、明らかに色づいた天然のファンシーダイヤモンドも存在する。発見される確率は非常に低く、一般のダイヤモンドの1万分の1といわれ、価値は非常に高い。どのように色みを帯びたかについては、科学が進んだ現代社会でも完全には解明されておらず、神秘のベールに包まれている。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!