貴金属ーテスト

本日の地金買取価格

  • 業者様専用
    買取価格
  • 一般買取価格

2021/11/29(月)

買取価格前日比
金インゴット 7,172円 -64円
1g単価
K24 7,032円
K22 6,370円
K21.6 6,277円
K20 5,810円
K18 5,357円
K14 3,947円
K10 2,798円
K9 2,475円
WGK18 5,646円
WGK14 4,283円
シルバー1g単価
1000(純銀) 80円
925 71円
プラチナ買取価格前日比
Pt1000インゴット 3,896円 -97円
プラチナ1g単価
PT1000 3,819円
PT950 3,624円
PT900
(純度90.0%)
4,006円
(特別価格+500円)
PT850
(純度85.0%)
3,812円
(特別価格+500円)
PT900/K18
(Ptメイン)
3,664円
PT900/K18
(50:50)
4,408円
PT900/K18
(Kメイン)
5,151円
PT850/K18
(Ptメイン)
3,488円
PT850/K18
(50:50)
4,310円
PT850/K18
(Kメイン)
5,132円

2021/11/29(月)

1g単価
金インゴット 7,072円
K24(純度99.9%) 6,857円
K22(純度91.7%) 6,119円
K21.6(純度90.0%) 6,004円
K20(純度83.5%) 5,573円
K18(純度75.0%) 5,307円
K14(純度58.5%) 3,745円
シルバー1g単価
シルバー1000(純銀) 60円
シルバー925 51円
プラチナ1g単価
PT1000インゴット 3,696円
PT1000(純度100%) 3,579円
PT950(純度95.0%) 3,484円
PT900(純度90.0%) 3,448円
PT850(純度85.0%) 3,253円
PT900/K18(50:50) 4,328円
PT850/K18(50:50) 4,230円
相場表を印刷する
  • ※ 工業品銀も買取致します。お気軽にお問合せ下さい
  • ※ 古物商許可をお持ちでない方は買取価格が異りますので予めご了承願います。

【ご利用上の注意点】

  • 海外ブランドのインゴット(100g以上)はお買取しておりません。
  • 国内ブランドのインゴット(500g以上)は到着日相場になります。また、書類を記入して頂きます。
  • ホワイトゴールド( K18WG・K14WG )のお買取はWGの刻印があるものに限ります。
  • 本日の地金価格は10:00に変更致します。土・日・祝日は休日となっております。
  • 平日( 月曜 ~ 金曜 )に送られた商品は発送日の地金価格のお買取となります。※発送日の記入をお願いします。
  • 通常の土曜、日曜に送られた商品は翌週の当社営業日の地金価格のお買取となります。
  • 三連休以上の連休中、または連休前日に送られた商品は、連休後の当社営業日地金価格のお買取となります。※発送日の記入をお願いします。
  • 金・プラチナの相場が大幅に変動した場合、当日内に価格変動を行う場合がございます。ご注意下さい。
  • Pm表記はX線で確認致します。
  • 初めて弊社をご利用される場合は事前にお問い合わせください。
業者様専用 地金相場情報が平日毎朝届く 会員登録はこちら

貴金属の買取はホウショウダイヤモンドへ!!

金・プラチナの買取は、御徒町の当店へ。
金製品・プラチナ製品・工業品(歯科合金)を高価買取致します。
刻印のないものや、不明なものでもX線(貴金属分析機械)でお調べ致します。
適正なお値段をご提示することが出来ます。
切れたネックレス、サイズの合わなくなったリング、片方しかないイヤリング・ピアス、金盃など眠っている貴金属がございましたら、高価買取致します。お気軽にお問合わせください。

[金・地金等の譲渡の対価の支払い調書] ※平成24年1月より実施
売却代金が200万円を超える場合、お客様の住所・氏名等の取引内容を記載した『支払調書』を所轄の税務署に提出することが義務化されました。

※ 対象商品 インゴット(金・プラチナ)、材料となる地金(棒材・歯科材)200万円以下は、提出いたしません。

金・プラチナのシンプルな買取方法

当日の地金相場と重量で買取価格が決まります

【例】

重量100g
当日1gあたりの相場2,800
お支払い金額280,000円

※手数料は一切かかりません。※小数点第一位まで計量いたします。

貴金属を高く買い取れる3つの理由!!

  • Point1

    プロの社員

    宝石鑑定士の資格を持った多数の社員が丁寧に査定致します。
    地金は重量×相場でお出しし、石がついていても石と地金、それぞれ査定致します。

  • Point2

    鑑別装置

    X線分析装置を完備しているため、刻印がないものや金額がつくか不明なものでもお調べすることができます。

  • Point3

    高い相場

    取引している地金量が多いため、販路が広がり、高値の取引が可能になっています。
    そのため買取相場も高く、多くのお客様に弊社をお選びいただいております。

最新貴金属買取実績

  • Pt900 ピンクサファイアリング

    サファイア 1.58ct
    ダイヤモンド 1.53ct

    買取価格:
    60,000円
    買取方法:
    店頭買取
  • Pt900 アレキサンドライトリング

    アレキサンドライト 0.87ct
    ダイヤモンド 1.23ct

    買取価格:
    65,000円
    買取方法:
    店頭買取
  • Pt900 アレキサンドライトリング

    アレキサンドライト 0.83ct
    ダイヤモンド 0.2ct

    買取価格:
    180,000円
    買取方法:
    宅配買取
  • Pt900 パライバトルマリンリング

    トルマリン 0.58ct
    ダイヤモンド0.85ct

    買取価格:
    85,000円
    買取方法:
    宅配買取

まずは無料で査定してみる

金の純度と種類について

金の基礎知識

金とは、元素記号Auで表され、原子番号は79。光沢のある黄色の金属で、銅に属しています。
金は、その美しい色と光沢から、古代から価値を認められてきた貴金属です。装飾品として人類に利用された最初の金属とも言われています。金属としては重く、軟らかく、熱や電気伝導率が高い、可鍛性がある、などが特性として挙げられます。  金と言っても、いくつか種類があります。同じ金でも「価値」や「特性」を大きく変える『純度』や『種類』とはどのようなものなのでしょうか。

金の純度とは?

金の純度とは、ある製品の中にどれくらいの純金が含まれているかを示します。
純金とは、純度100%の金の事を示します。ただし、金そのものは非常に軟らかく傷つきやすい為、普段使いの装飾品として使用するのは難しいです。そこで、金パラジウムや銅などの割り金(わりがね)を配合して合金を作り、硬さを調整しています。

金の純度を表す符号

金の純度には単位があり、カラット(Karat)が使用されています。
K24・K18という記号を目にするか思いますか、こちらは数字の前にカラットの略Kの符号を付け、金の純度を表しています。日本では、24金・18金と称することもあります。

カラットは、24分率で表されます。金の純度が99.99%以上のときがK24となり、1カラット増えるごとに4.17%分金の純度が増える計算です。24と記載されると、全体の24%が金と誤解しがちですが、そうでありません。純度は以下の通りとなります。

K 24 99.99%~100%
K 22 91.7%(混合物8.3%)
K 20 83.5%(混合物16.5%)
K 18 75.0%(混合物25.0%)
K 14 58.5%(混合物41.5%)

次に、純度別の使用例をご紹介します。

K24(純度99.99%)

インゴットはもちろん、さまざま製品が出ており、仏像等で使われることもあれば御鈴、金杯、印鑑、小判、大判、食器、アクセサリーなどに加工されて使います。ちなみに、金箔は純金と思われがちですが、加工しやすくする為、K23程度の物を使用しているのが一般的です。また、アクセサリーに使われる機会は少ないといえます。

K18(純度75.0%)

日本国内でもっとも多く流通しており、様々な加工ができるのでいろいろな姿に変えて私達の生活の中に存在しています。時計や眼鏡・金歯などもK18が使用されていますし、指輪やブレスレットなどのジュエリーの他、高級時計にもK18が使用されています。

ところで、金にはK18・18金・18Kと様々な表記があります。日本では、製造国の違いが一見してわかるよう、K18と18Kの表記を分けています。
日本の造幣局が公式に定めた国産の正規品の貴金属ジュエリーについては、「K18」と表記されています。それに対して、海外産のジュエリーについては「18K」と表記されています。

金の種類とは?

よく見かけるK18WGやK18PGなど、数字の後に文字が書いてあるものがあります。これは、ホワイトゴールドやピンクゴールドの略で、金のカラーについての表記となっています。金は金色だけでなく、色がたくさんあるのです。この色味を帯びた金をカラーゴールドと呼びます。

ホワイトゴールド(WG)

割合:金75%金・パラジウム25%
プラチナの代用品として開発された経緯があり、銀やパラジウムといった白い金属を混ぜて、見た目を白くしたものです。金でありながら色がシルバーのような色味をしています。特徴としては、シルバー(銀)であれば変色などをしてしまうところ、こちは変色などしません。

イエローゴールド(YG)

割合:金75%金・銀鉄12.5%・銅12.5%
銀鉄・銅の割合は、メーカーにより割合が異なります。混ぜる銀と銅の割合によって、イエローの色味が濃くなったり、薄くなったりします。色は純金に近く、変色にも強く、硬度も高いので、普段使いに安心してつけることができます。

ピンクゴールド(PG)

割合:金75%金・銀鉄17%・数%
カラーゴールドの中では、比較的新しい種類です。イエローゴールドに比べ、銅の割合が多いので、ピンクの色合いを出すことができます。また、ピンクゴールドは銅の割合が多いため、イエローゴールドやホワイトゴールドに比べ硬いです。

ページトップへ