お知らせ

カテゴリー:

お知らせ

2014年7月16日 本日の地金ニュース&トピックス

15日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はイエレンFRB議長の議会証言を受け3日続落。前日比9ドル安の1トロイオンス1297ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が議会証言で10月には米国債などを購入する景気刺激策を終わらせる考えを示した。これを受け、米国の早期利上げ観測が強まり、対ユーロでのドル高が進んだため、ドル建ての金相場は相対的な割高感から売られた。プラチナ相場は金の下落につれて3日続落。前日比8ドル安の1485ドルで取引を終えた。

メルマガ募集中 業者様専用地金相場情報が平日毎朝届く
ページトップへ