ダイヤモンドの4C

Carat(カラット) Color(カラー) Clarity(クラリティ) Cut(カット)
上記4つの頭文字をとって4Cといいます。
4Cとは、ラウンド・ブリリアント・カットのダイヤモンドの品質を評価し、価格を決める大事な基準です。
鑑定書には、これらの詳細が記載されています。

Carat(カラット)重量

キャラット重量(略字表記:Ct)は宝石の重さを表す単位で、1キャラットは0.2gです。精密な電子天秤を用いて小数点第3位(1/1000)まで測定します。
同じキャラットのダイヤでもカットの仕方によって見た目の大きさが変わってきます。
大きな石が比較的に少ない為、品質にもよりますが、キャラット(重量)が増すごとに、価格は高くなります。

Carat(カラット)

Color(カラー)色

ダイヤモンドのカラーグレードは無色透明に近い「D」から黄色味が強い「Z」までにランク分けされています。ダイヤモンドは黄色味を帯びた石の方が多く採取されるので、無色透明に近いほど希少価値が高く、価格も高くなります。
※ファンシーカラーダイヤモンド・・・「Z」カラー以下の有色のダイヤモンドでも、魅力的な色調と発色が美しいものは、例外として無色透明よりも価値がつく場合(特にピンクとブルー)があり、別の分類評価をします。

Color(カラー)

Clarity(クラリティ)透明度・明澄度

クラリティとは、ダイヤモンドの中にある不純物、成長過程で出来たひずみ等の内包物(インクルージョン)や研磨跡、外傷(ブレミッシュ)などが何処にどの程度あるかを11段階で評価したものです。ダイヤモンドを10倍のルーペで拡大検査し、その内包物の数・大きさ・色・位置・性質によって評価します。内包物が少なければ少ないほど、希少価値が高くなります。

Clarity(クラリティ)

Cut(カット)プロポーション

カットの優劣はダイヤモンドの煌きや輝きに大きく影響します。
ダイヤモンドのプロポーションとフィニッシュ(対称性、研磨状態)を元に総合的に評価します。EXCELLENT(エクセレント)・VERY GOOD(ベリーグッド)・GOOD(グッド)・FAIR(フェア)・POOR(プア)の五段階評価です。

Cut(カット)

蛍光性

天然のダイヤモンドの特性の一つに「蛍光性」と呼ばれるものがあり、紫外線を当てると石によって様々な蛍光を発します。蛍光性が強いと、煌きや輝きに影響を与える事があります。
鑑定書にはNONE(無し)FAINT(弱い)MEDIUM(中)STRONG(強い)VERY STRONG(かなり強い)と蛍光性の欄に記載されています。
稀にブルーやグリーン、イエロー・オレンジなどのカラーが入った蛍光性も見受けられます。(例:FAINT BLUE)

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!