ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2015年8月3日 本日の地金ニュース&トピックス

31日の金相場は米労働省発表第2四半期の雇用コスト指数が軟調な結果であったことを背景に、米利上げ観測後退を受けた買いに上昇、前日比$6.50高の$1094.90で取引を終了。

プラチナ相場は続落。一時は金相場に連れて上昇したが、株式市場の軟化が圧迫して反落。前営業日比4.9ドル安の985.0ドルで取引を終了。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!