ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2015年6月18日 本日の地金ニュース&トピックス

17日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米FOMC声明を前にポジション調整の売りなどが優勢となり続落。前日比4.1ドル安の1トロイオンス1176.8ドルで取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明を控え様子見ムードが漂う中、早期利上げに対する警戒感などからポジション調整と思われる売りなどに押され小幅下落。ただ通常取引終了後、米FOMCの声明を受けドル安進行したことから、買い戻しの動きが強まり、プラス圏に転じた。プラチナ相場は金相場に追随する展開となり5日続落。前日比7.1ドル安の1072.7ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!