ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2015年6月11日 本日の地金ニュース&トピックス

10日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はドル安やギリシャの債務問題を背景に3日続伸。前日比9.0ドル高の1トロイオンス1186.6ドルで取引を終えた。黒田東彦日銀総裁の発言をきっかけに、外国為替市場でドルが対円・対ユーロで軟化。このため、ドル建ての金相場は相対的な割安感が広がり買いが集まった。また、ギリシャの金融支援問題をめぐっては同国政府と債権団の協議が難航している中、安全資産としての金需要も強まった。プラチナ相場は金相場に追随して3日続伸。前日比6.7ドル高の1115.2ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!