ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2015年5月7日 本日の地金ニュース&トピックス

6日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は調整売りなどに押され3営業日ぶりに反落。前日比2.9ドル安の1トロイオンス1190.3ドルで取引を終えた。序盤は、この日発表された4月のADP全米雇用報告が市場予想を下回る低調な内容だったことから、安全資産として金を買う動きが強まった。しかしその後、週末に4月の米雇用統計の発表を控え調整売りなどが入ったほか、米長期金利の上昇基調にも圧迫され小幅下落して引けた。プラチナ相場は金の軟化や米株価の下落に圧迫され続落。前日比6.0ドル安の1142.8ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!