ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2015年3月13日 本日の地金ニュース&トピックス

12日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は対ユーロでのドル高の一服を受けて小幅ながら3日ぶりに反発。前日比1.3ドル高の1トロイオンス1151.9ドルで取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)の量的緩和を受けたドル高・ユーロ安が一服したことや、発表された2月小売売上高が市場予想を下回る弱い結果であったことなどで、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買い戻され小幅反発した。プラチナ相場は地合いの悪さから売りが優勢となり8日続落。前日比0.5ドル安の1114.9ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!