ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2015年2月10日 本日の地金ニュース&トピックス

9日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はギリシャ財政不安などを背景に買い戻しが入り3営業日ぶりに反発。前週末比6.9ドル高の1トロイオンス1241.5ドルで取引を終えた。ギリシャのチプラス首相が2月末に期限を迎える欧州連合(EU)などからの金融支援の延長を拒否する意向を表明したことから、同国の財政再建の先行きに不安が広がり、安全資産としての金を買う動きが強まった。プラチナ相場は米株式市場の下落を受けて続落。前週末比1.2ドル安の1220.4ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!