ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2015年1月30日 本日の地金ニュース&トピックス

29日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米FRBの早期金利引き上げ観測を受け大幅続落。前日比31.3ドル安の1トロイオンス1255.9ドルで取引を終えた。前日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)声明で米経済の景気見通しが上方修正され、米連邦準備制度理事会(FRB)が6月にも利上げを実施する可能性があるとの見方が強まったことから、投資家のリスク回避姿勢が後退し、安全資産としての金の魅力が薄れ売りが加速した。プラチナ相場は米早期利上げ観測の強まりによる金の下落に追随して大幅続落。前日比41.2ドル安の1217.3ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!