ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2015年1月9日 本日の地金ニュース&トピックス

8日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はドル高や米株高が重しとなり続落。前日比2.2ドル安の1トロイオンス1208.5ドルで取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)の追加緩和観測を背景に外国為替市場でドルが対ユーロで9年ぶりの高値を記録したため、ドル建ての金相場は相対的な割高感から売り押された。また、世界的な株高でリスク回避姿勢が後退したことから安全資産とされる金は売られる展開となった。プラチナ相場は米株価の上伸を受け買いが優勢となり反発。前日比2.1ドル高の1223.0ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!