ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年12月5日 本日の地金ニュース&トピックス

4日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は売り買いが交錯するなか小幅に反落。前日比1.0ドル安の1トロイオンス1207.7ドルで取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)定例理事会で追加緩和の見送りが決定されたことから、外国為替市場でユーロ高・ドル安が進行し買い優勢の展開となった。しかしその後は、5日の米雇用統計を控え様子見ムードも強いなかで上値が重く、良好な米経済指標なども圧迫材料となり売り買いが交錯し、小幅安で引けた。プラチナ相場はユーロ高・ドル安を受け上昇した金相場に追随して続伸。前日比18.4ドル高の1245.9ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!