ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年12月3日 本日の地金ニュース&トピックス

2日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はドル高・ユーロ安などを受けて反落。前日比18.7ドル安の1トロイオンス1199.4ドルで取引を終えた。発表された10月の米建設支出が市場予想を上回るなど良好な米経済指標を背景に、外国為替市場でドルが対ユーロで上昇。このため、ドル建ての金相場に割高感が生じ売りが優勢となった。また、最近の原油安を背景に米景気の先行きに楽観的な見方が広がり、米国株式相場が上昇したことにも圧迫され金需要が減退した。プラチナ相場は利益確定の売りに押され反落。前日比24.1ドル安の1217.5ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!