ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年11月25日 本日の地金ニュース&トピックス

24日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は利益確定の売りやポジション調整目的の売りが優勢となり反落。前週末比2.0ドル安の1トロイオンス1195.7ドルで取引を終えた。朝方は前週末に発表された中国の利下げや欧州中央銀行(ECB)の追加金融緩和観測を受けた買いで一時は1200ドルを越える上昇となった。しかしその後、前週に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が量的金融緩和に言及したことを受け、再びユーロ売りドル買いが優勢となり、ドル建ての金相場は相対的な割高感から軟化。感謝祭の連休を控えたポジション調整の売りや、利益確定の売りも出て小幅下落して引けた。プラチナ相場は利益確定の売りに押され3営業日ぶりに反落。前週末比19.8ドル安の1207.5ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!