ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年11月18日 本日の地金ニュース&トピックス

17日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は利益確定の売りに押され3営業日ぶりに反落。前週末比2.1ドル安の1トロイオンス1183.5ドルで取引を終えた。朝方は日本の7~9月期の国内総生産(GDP)伸び率が低調だったことを受け、世界経済の先行き不安が強まり、安全資産とされる金は買われ堅調に推移した。しかしその後、前週末の急騰を受けた利益確定の売りや、対ユーロでのドル高に押され上げ幅を縮小し小幅安で引けた。プラチナ相場は対ユーロでのドル高や金の下落に圧迫され反落。前週末比11.8ドル安の1201.3ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!