ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年11月14日 本日の地金ニュース&トピックス

13日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米雇用関連指標などを受け小反発。前日比2.4ドル高の1トロイオンス1161.5ドルで取引を終えた。朝方に発表された米労働省発表先週の新規失業保険申請件数が市場を予想を上回る弱い雇用統計となったことで、安全資産としての金需要が高まった。また、外国為替市場でドルが対ユーロで下落したことから、ドル建ての金相場は相対的な割安感からの買いも誘った。プラチナ相場は低調な中国の経済指標を背景とした中国経済の先行き不透明感の強まりに圧迫され続落。前日比6.3ドル安の1199.0ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!