ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年10月29日 本日の地金ニュース&トピックス

28日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は売り買いが交錯した結果ほぼ横ばい。前日比0.1ドル高の1トロイオンス1229.4ドルで取引を終えた。29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え様子見ムードが強いなか、発表された9月の米耐久財受注が市場予想を大きく下回ったことなどを受け金は買いが優勢となった。また、外国為替市場では対ユーロでドル安が進行たため、ドル建ての金相場は相対的な割安感からも買われた。ただ、その後発表された10月の消費者信頼感指数が市場予想を上回ったことでドルが買い戻されると、次第に上げ幅を縮小して引けた。プラチナ相場は米株式市場の大幅上昇に支援され続伸。前日比11.8ドル高の1266.3ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!