ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年10月22日 本日の地金ニュース&トピックス

21日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はアジア圏の現物需要の高まりなどを背景に続伸。前日比7.0ドル高の1トロイオンス1251.7ドルで取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)が社債買い入れに踏み切るとの一部報道に好感されたほか、発表された中国の7~9月期国内総生産(GDP)が市場予想を上回ったことで、同国の金需要の増加期待が高まった。また、22日のヒンズー教の祭典「ディワリ」や婚礼シーズンを迎えたインドでの需要増加期待も引き続き支援要因となった。プラチナ相場は欧米の株式市場の急伸や金の上昇などを受けて3日続伸。前日比15.5ドル高の1283.0ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!