ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年10月21日 本日の地金ニュース&トピックス

20日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は対ユーロでのドル安を受け3営業日ぶりに反発。前日比5.7ドル高の1トロイオンス1244.7ドルで取引を終えた。世界経済の減速懸念を背景に外国為替市場では対ユーロでドル安が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買われた。また、ディワリ(ヒンズー教新年祭)やインドの婚礼シーズンを控え、現物需要の拡大期待も支援材料となった。プラチナ相場はドル安を背景とした金の上昇に追随して続伸。前日比6.0ドル高の1267.5ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!