ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年9月29日 本日の地金ニュース&トピックス

26日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はドル高・ユーロ安や米株高を眺めて反落。前日比6.5ドル安の1トロイオンス1215.4ドルで取引を終えた。発表された第2四半期の米実質GDP(国内総生産)確定値が2年半ぶりの高水準となったことで、外国為替市場では対ユーロでドル高が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割高感から売られる展開となった。また、好調な米GDPを受け米株価が急伸したことから、投資家のリスク回避が後退し安全資産としての金需要が減退した。プラチナ相場は金の下落につれて3日続落。前日比14.3ドル安の1301.1ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!