ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年9月8日 本日の地金ニュース&トピックス

5日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は低調な米雇用統計を受け小反発。前日比0.8ドル高の1トロイオンス1267.3ドルで取引終えた。朝方発表された8月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想を大幅に下回ったことを受け、早期利上げ観測が後退。このため、外国為替市場で対ユーロでのドル安が進行したことから買いが先行。その後、ウクライナのポロシェンコ大統領と親ロシア派双方がウクライナ東部の停戦合意を発表したことから市場のリスク回避姿勢が後退し、金は圧迫され小幅高で引けた。プラチナ相場は金の上昇につれて小反発。前日比2.7ドル高の1411.0ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!