ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年8月29日 本日の地金ニュース&トピックス

28日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はウクライナ情勢の緊迫でリスク回避の買いが入り反発。前日比7.0ドル高の1トロイオンス1290.4ドルで取引を終えた。朝方、1000人超のロシア軍部隊がウクライナ領内に侵入したと伝えられたことで、ウクライナ情勢が再び緊迫化し始め、安全資産とされる金を買う動きが先行した。ただその後は、第2四半期の米実質国内総生産(GDP)改定値など、経済指標が良好な内容となったことを受け、上げ幅を縮小して引けた。プラチナ相場は金の上昇につれて3日続伸。前日比5.3ドル高の1425.2ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!