ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年8月25日 本日の地金ニュース&トピックス

22日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はイエレンFRB議長発言を受け6営業日ぶりに反発。前日比4.8ドル高の1トロイオンス1280.2ドルで取引を終えた。序盤は前日の良好な米経済統計を受けた米早期利上げ観測の強まりから売り込まれたが、その後、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演で利上げ時期は慎重に決めるべきだと示唆したことから、早期利上げ観測が弱まり金は買い戻され、小幅上昇して引けた。プラチナ相場は金相場に連動して売り買いが交錯するなか、横ばい。前日比ほぼ変わらず0.8ドル安の1418.5ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!