ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年8月22日 本日の地金ニュース&トピックス

21日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米早期利上げ観測を眺め売りが優勢となり5日続落。前日比19.8ドル安の1トロイオンス1275.4ドルで取引を終えた。前日に7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公表され、予想以上の景気回復を背景とした早期利上げ観測からテクニカルな売りが加速。また、この日発表された様々な米国経済指標が市場予想を上回る内容であったことが更に早期利上げ観測懸念を強め、金相場の重しになった。プラチナ相場は金の大幅下落につれて7日続落。前日比9.9ドル安の1419.3ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!