ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年8月12日 本日の地金ニュース&トピックス

11日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はほぼ横ばい。前週末比0.5ドル安の1トロイオンス1310.5ドルで取引を終えた。夏季休暇で市場参加者が少なく薄商いとなる中、世界的な株高に加え、ウクライナや中東情勢の緊張が表面上は緩和したことで地政学リスクがやや後退したことから、金を売りに出す動きが強まった。ただ、米国によるイラクのイスラム過激組織に対する空爆は継続するなど、国際情勢の先行き不透明感は根強いために下げ幅は限定的となった。プラチナ相場は金の下落につれて続落。前週末比6.7ドル安の1471.6ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!