ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年7月23日 本日の地金ニュース&トピックス

22日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はウクライナ情勢の緊張緩和などを受け売りが優勢となり反落。前日比7ドル安の1トロイオンス1306ドルで取引を終えた。親ロシア派が撃墜されたマレーシア航空機のフライトレコーダーと犠牲者の遺体を国際機関側に引き渡したことから、ウクライナ情勢への懸念がやや後退し、投資家のリスク回避姿勢が緩んだ。また、発表された6月の米中古住宅販売件数や米消費者物価指数などの経済指標が好調な結果であったことや、外国為替市場でドルが対ユーロで堅調に推移したことから、ドル建ての金相場は相対的な割高感から圧迫された。ただ、ウクライナやパレスチナをめぐる地政学的リスクに対する懸念も根強く、相場を下支えした。プラチナ相場は金の下落につれて反落。前日比5ドル安の1488ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!