ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年7月10日 本日の地金ニュース&トピックス

9日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米FOMC議事要旨を受け買いが入り4営業日ぶりに反発。前日比7ドル高の1トロイオンス1324ドルで取引を終えた。発表された6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、利上げ時期を示唆する手掛かりが示されず早期利上げ観測が後退。これを受け、金需要が高まり上昇した。プラチナ相場は金の上昇や中国の自動車販売台数の増加などに支援され続伸。前日比10ドル高の1506ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!