ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年6月25日 本日の地金ニュース&トピックス

24日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米株価の下落などを受け5日続伸。前日比2.9ドル高の1トロイオンス1321.3ドルで取引を終えた。6月の独IFO景況感指数が事前予想よりも低かったことを受け、米株式市場が下落したため、代替投資先としての金が上昇した。また、緊迫した状況が続くイラク情勢への警戒感に加え、外国為替市場でのドル安・ユーロ高にも支援された。ただ、その後発表された5月の米新築住宅販売と6月の米消費者景気信頼感指数が良好な内容だったことを受けドルが買い戻されると、ドル建て金相場は相対的な割高感からの売りに上値を抑えられた。プラチナ相場は反発。前日比15.3ドル高の1471.9ドルで取引を終えた。南ア鉱山スト終結で労使は正式に合意を発表し、労働者は25日から職場復帰する運びとなったが、当面の間供給不安が続くとの思惑から買いを強めた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!