ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年6月20日 本日の地金ニュース&トピックス

19日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米早期利上げ観測の後退やユーロ高・ドル安を背景に大幅続伸。前日比41ドル高の1トロイオンス1314ドルで取引を終えた。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米国の金融緩和政策が長期化するとの観測が強まり、外国為替市場でユーロ高・ドル安が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買いを強めた。また、イラク情勢の緊迫化や原油高などにも支援され4月中旬以来、約2カ月ぶりの高値を付けた。プラチナ相場は金の急騰や南アフリカの鉱山スト継続観測を手掛かり買われ4日続伸。前日比23ドル高の1474ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!