ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年6月19日 本日の地金ニュース&トピックス

18日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え売り買いが交錯するなか横ばい。前日比0.7ドル高の1トロイオンス1272.7ドルと前日比ほぼ変わらずの小幅高で引けた。FOMCを控え様子見ムードが強いなか、ポジション調整の売りに押される場面もあったが、売り一巡後は元の水準まで戻した。プラチナ相場は南アの鉱山スト継続観測が浮上したことでファンド筋の買いなどが入り3日続伸。前日比7ドル高の1450ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!