ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年6月2日 本日の地金ニュース&トピックス

30日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米景気回復期待などを背景に続落。前日比11ドル安の1トロイオンス1246ドルで取引を終え、一時は1242.2ドルと2月3日以来ほぼ4カ月ぶりの安値を付けた。相次ぐ堅調な米経済指標を背景とした米景気回復への期待感の強まりや、ウクライナ情勢への警戒の和らぎなどから、安全資産としたの金需要が後退。また、ECB政策金利発表や米雇用統計を控え、月末前の手じまい売りも相場を押し下げる要因となった。プラチナ相場は金の下落につれて続落。前日比7ドル安の1452ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!