ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年5月23日 本日の地金ニュース&トピックス

22日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は低調な米雇用指標やインドの金輸入規制緩和などを受け買いが優勢となり反発。前日比7ドル高の1トロイオンス1295ドルで取引を終えた。インド準備銀行(中央銀行)が金の輸入規制緩和に動くとの報道や、朝方発表された米週間新規失業保険申請件数が市場予想を上回る低調な内容となったことを受け、低金利の長期化観測が強まったことから金に買いが集まった。プラチナ相場は金の上昇や、引き続き南ア鉱山労働者のストを背景とした供給懸念による買いで大幅続伸。前日比18ドル高の1493ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!