ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年5月13日 本日の地金ニュース&トピックス

12日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はウクライナ情勢の緊迫化を背景に5営業日ぶりに反発。前週末比8ドル高の1トロイオンス1295ドルで取引を終えた。11日に行われたウクライナ東部ドネツク州の事実上の独立の是非をめぐる住民投票で、賛成が多数を占めたことにより親ロシア派とウクライナ暫定政権との対立が深刻化した。このため、地政学的リスクへの警戒感が広がり、安全資産としての金の需要が高まった。プラチナ相場は金の上昇につれて反発。前週末比12ドル高の1441ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!