ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年5月7日 本日の地金ニュース&トピックス

6日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は利益確定の売りに押され3営業日ぶりに小反落。前日比0.7ドル安の1トロイオンス1308.6ドルで取引を終えた。ウクライナ情勢の緊迫化などを背景にリスク回避の金需要が強まり、5日は一時1315.80ドルと1300ドルを回復する上昇となっていたが、その後発表された米雇用統計で3月の貿易収支が赤字幅を縮小したことや、4月のユーロ圏購買担当者景況指数(PMI)改定値が改善したことなどを受けた世界的な景気回復への期待感を背景とした売りに圧迫され軟化した。プラチナ相場は南ア鉱山での労使交渉の難航などを背景に買われ3日続伸。前日比9ドル高の1458ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!