ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年5月2日 本日の地金ニュース&トピックス

1日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米景気指標の改善などを背景に安全資産としての魅力が薄れ下落。前日比12ドル安の1トロイオンス1283ドルで取引を終えた。発表された3月の米個人消費支出と4月の米ISM(供給管理協会)製造業景況指数が市場予想を上回ったことから米景気の回復観測が広がったほか、ウクライナ情勢をめぐって過度な懸念がやや後退したこともあって、安全資産とされる金の魅力が薄れ売りを招いた。プラチナ相場は横ばい。前日比0.40ドル安の1427.50ドルで取引を終えた。金の下落を受けて軟化したが、パラジウム上昇を受け買い戻され、前日比ほぼ変わらずの小幅安で引けた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!