ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年4月9日 本日の地金ニュース&トピックス

8日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はウクライナ情勢をめぐる緊張再燃などを背景に反発。前日比10ドル高の1トロイオンス1309ドルで取引を終えた。ウクライナ東部での親ロシア派勢力によるウクライナからの分離に向けた動きから同国情勢悪化への懸念が再燃したことで、安全資産としての金需要が高まった。また、外国為替市場でドル安・ユーロ高が進行したことも、ドル建てで取引される金相場を支えた。プラチナ相場はドル安や金の上昇を受けて反発。前日比13ドル高の1441ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!