ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年4月1日 本日の地金ニュース&トピックス

3月31日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はウクライナ情勢の改善期待やリスク回避姿勢の後退を受け4日続落。前週末比10ドル安の1トロイオンス1283ドル取引を終えた。ウクライナ情勢はロシア軍の一部が国境線から撤退したことから地政学的リスクへの懸念が後退した。また、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の講演で米量的緩和継続の姿勢を示したことを受け米株価が上昇するなど、市場のリスク回避姿勢が後退したことも圧迫要因となり金は売られた。プラチナ相場は米株式市場の上昇などに支援され続伸。前週末比13ドル高の1420ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!