ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年3月20日 本日の地金ニュース&トピックス

19日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は対ユーロでのドル高進行を受けて3日続落。前日比17ドル安の1トロイオンス1341ドルで終えた。米連邦準備理事会(FRB)が19日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、事実上のゼロ金利の据え置きと量的緩和の追加縮小を決定。また、フォワードガイダンス(将来の政策指針)を変更し、失業率などの数値基準を撤廃した。これを受けて、外国為替市場でドル高・ユーロ安が進行し、ドル建ての金相場は相対的な割高感から売られ下落した。プラチナ相場は金の下落を受けて4日続落。前日比10ドル安の1451ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!