ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年3月18日 本日の地金ニュース&トピックス

17日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はウクライナ情勢の懸念後退などを受け6営業日ぶりに反落。前週末比6ドル安の1トロイオンス1372ドルで取引を終えた。ウクライナのクリミア自治共和国のロシア編入を問う住民投票が大きな混乱なく終了したことや、欧米が発動した対ロシアの経済制裁が想定内だったことなどからリスク回避の動きが後退。前週末に約半年ぶりの高値を付けていたこともあり、利益確定や持ち高調整を目的とした売りが優勢の展開となった。プラチナ相場は金の下落を受けて続落。前週末比1ドル安の1468ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!