ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年3月11日 本日の地金ニュース&トピックス

10日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はウクライナ情勢不安や米株価の下落を受けて反発。前週末比3ドル高の1トロイオンス1341ドルで取引を終えた。発表された2月の中国の貿易統計で同国の輸出が5カ月ぶりに減少したのを手掛かりに、米国やアジアの株式相場が下落したことから、安全資産とされる金に買いが入った。また、ウクライナ情勢の緊迫化にも支援され買いを促した。プラチナ相場は中国指標の悪化を嫌気した米株式市場の下落に圧迫され続落。前週末比6ドル安の1477ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!