ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年3月7日 本日の地金ニュース&トピックス

6日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場はドル安やウクライナ情勢の緊張を背景に続伸。前日比11ドル高の1トロイオンス1351ドルで取引を終えた。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁がユーロ圏経済の先行きに楽観的な見方を示したことから、外国為替市場でユーロ高ドル安が進行したため、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買われた。また、米国が対ロシア制裁の発動を指示し、ウクライナ情勢を巡る先行き不透明感が強まったことも金相場を押し上げた。プラチナ相場は南アフリカ鉱山の労使交渉の難航や南アの電力不足への懸念から買われ4日続伸。前日比10ドル高の1486ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!