ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年3月6日 本日の地金ニュース&トピックス

5日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は低調な米経済指標を背景に小幅反発。前日比2ドル高の1トロイオンス1340ドルで取引を終えた。序盤はウクライナの緊張緩和を背景に軟化したが、発表された2月米国ISM非製造業景況指やADP民間部門雇用者数が市場予想を下回ったことを受け米景気回復に警戒感が浮上し、株などのリスク商品が売られたことから金に買いが入り、小幅上昇して引けた。プラチナ相場は引き続き、南ア鉱山ストライキによる供給懸念に支援され3日続伸。前日比12ドル高の1476ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!