ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年2月26日 本日の地金ニュース&トピックス

25日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は引き続き米国や中国経済への懸念を背景に買いが優勢となり3日続伸。前日比4ドル高の1トロイオンス1342ドルで取引を終えた。朝方は利益確定の売りに圧迫されたが、その後は、発表された2月の米消費者信頼感指数が事前予想を下回ったことや、引き続き中国経済に対する懸念などを背景に、安全資産としての金が買われ上昇した。また、ウクライナの政情不安も支援材料となり、2013年10月30日以来約4カ月ぶりの高値を付けた。プラチナ相場は金の上昇に連れて3日続伸。前日比1ドル高の1442ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!