ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年2月25日 本日の地金ニュース&トピックス

24日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は米中経済指標の悪化やウクライナ情勢などを背景に続伸。前週末比14ドル高の1トロイオンス1338ドルで取引を終えた。1月の中国不動産価格の上昇率が1年2カ月ぶりに鈍化したほか、1月のシカゴ連銀全米活動指数も一段と低下したことなどを背景に、安全資産とされる金が買われる展開となった。また、ウクライナ情勢への不透明感の警戒ムードも根強く、逃避買いが加速し、2013年10月31日以来、約4カ月ぶりの高値を付けた。プラチナ相場は金や米株価の上昇などに支援され続伸。前週末比13ドル高の1441ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!