ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年2月19日 本日の地金ニュース&トピックス

18日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は低調な米経済指標やドル安・ユーロ高などを受け9日続伸。前営業日比5ドル高の1324ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが対ユーロで下落基調となったため、ドル建ての金相場は割安感から買われた。また、発表された2月の米国住宅建設業者信頼感指数やニューヨーク州製造業景況指数が事前予想を下回ったことを受け、米景気の回復ペースが鈍化しているとの警戒感が一段と強まり、安全資産としての買いも入った。プラチナ相場は最近の上昇に対する反動で利益確定の売りが出て7営業日ぶりに反落。前営業日比5ドル安の1424ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!