ホウショウダイヤモンドからのお知らせ

2014年1月23日 本日の地金ニュース&トピックス

22日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は引き続き米金融縮小観測懸念から売られ小幅続落。前日比3ドル安の1トロイオンス1238ドルで取引を終えた。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、量的金融緩和縮小の規模が一段と進むとの警戒感から売りが先行。また、外国為替市場でドルが対ユーロで上昇したことも相場を圧迫した。プラチナ相場は南アフリカの3大白金鉱山ストライキに対する懸念が支援材料となり反発。前日比9ドル高の1462ドルで取引を終えた。

おすすめ買取方法

お問合わせだけでも大歓迎です!!